こんばんは。
この挨拶は「今晩はいかがお過ごしですか? 」の略のでしょうか。
こんにちはは「今日は…」であるならば、やっぱりこんにちわでなくてこんにちは、ですね。
そんなことを考えながら生きています。

 

私は多分ネガティブなのだと思います。
いつも「明日死ぬ可能性がある」と思っていますし、同時に「この先一寸先は闇の未来が死ぬまでと続くんだな」と思ってぞっとします。

人間は長所と短所が表裏一体だと言われると、「自分が自分の特徴が短所としてしか表れていないのでは」と思うし、よくして下さる人のことを考えると「自分の周りにいる人たちはすごく優しくて、私の悪いところ許してくださっているだけで、いつか我慢の限界が来てしまうのではないだろうか」と思ってしまい、そうやって周囲の愛や信頼を疑ってしまう自分はなんて失礼なんだろうと勝手に謝り倒したくなります。

 

そんな私に今までいろんな人が「もっとポジティブに、楽に考えた方がいいよ」と助言をしてくださいました。

でもポジティブに考えようとすると自分に都合よく物事を考えてしまっているだけで、本当は他人を嫌な気分にさせてしまっていて、それに気づいていないのではないかと思うとうまくできなくて、結果ポジティブシンキングと言うことに抵抗を感じたまま生きてきました。

 

そんな私でしたが、最近(ここ1年2年くらいかと思います)、私なりのポジティブってなんだろう、いろんな人が助言してくださっている真意はなんだろう、と考えるようになって少し考えが変わってきました。

 

いろんな方が私の為を思って言ってくれていたポジティブは、私が笑顔で明日を生きたいなと思えるように考えられる思考を身に付けることであり、別に誰かに嫌な思いをさせているかもしれないと言う恐怖を克服しなくてはいけないと言うことではなかったのでした。

だから、感じ方はネガティブなままでいいやと思っています。やっぱり自分が何もできなくて、誰の為にもなれないとしか思えないけど、現実にそばにいてくれる人がいることに感謝して、少しでもできることがないかいつも考える事だけ忘れなければ許される、と思うことが私のポジティブです。

明日があるさ!とは思えないけれど、どんなに辛くても今日は終わってしまうからどうしようもないな、と考えられなるようになりました。

生きる限りどうしても誰かを傷つけてしまうけれど、それを日々反省したところでその人を癒すことはできない。だから明日、少しでも誰かを幸せにできるように生きよう。
そんなポジティブが私にはしっくりきました。

 

私にとってポジティブはいつも抵抗のあった発想でしたが、私なりにポジティブの意味を考えて、私の解釈で受け入れています。

その解釈こそが私のポジティブな生き方です。

 

平井早紀

Twitter→ @zukyuuuun_93
instagram→ @sakihirai.official
SHOWROOM(生配信)→ https://www.showroom-live.com/saki-hirai